BsAsタイトルnew.png
~ブエノスアイレスと東京を結ぶ、新たなシーンへ~

INTRODUCTION

ピアソラ没後30年。
本場ブエノスアイレスよりニコラス・ゲルシュベルグと国内最高峰のメンバーがここに集結!!
ピアソラへのトリビュート、そして視線はその先へ。
「現在進行形サウンド」を目撃せよ!

 

本場ピアソラ財団で数々の重要なステージをこなし、アストル・ピアソラの孫ピピ・ピアソラ率いる「エスカランドゥルム」など世界中で活躍するピアニスト、ニコラス・ゲルシュベルグと、昨年オペラ形式で日本初演となった『歌劇<ブエノスアイレスのマリア>』をプロデュース、自身のバンド「LAST TANGO」などでもさまざまなタンゴを在り方を発信し続けているバイオリン柴田奈穂率いるピアソラ黄金期と同編成で贈るキンテート(五重奏)。 メンバーには、イタリアのハインリヒ・バンド国際コンクールで優勝を果たしたバンドネオン早川純、タンゴからプログレまで唯一無二の存在が光る鬼怒無月、ベースにはタンゴとジャズの感覚をまといつつ独自の活動めざましい西嶋徹。